STYLE No.36

STYLE No.36

販売価格はお問い合わせください。

この商品にはポイントはつきません。

商品詳細

STYLE NO.36

 

 

[outer]

 

incarnation / インカネーション / 31991-4410

SHEEP SHEARLING HOODED BLOUSON 

[91×91/BLACK×BLACK]

  着用:サイズXS

 

 

 

[inner] 

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8307 / Double Rainbow /

クレイジーボーダーレイヤードロングスリーヴ

 [CRAZY BORDER/BK]

 着用:サイズ1

 

 

 

[bottoms] 

 

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9325 / " Meaning of candle light " /

ワイドストライプストレッチウール Rot-9 サルエルスリムパンツ

 [DUST BLACK×GRAY STRIPE]

 着用:サイズ0

(sold out)

 

 

 

[boots]

リリィレザーレースアップバックジップブーツ

 [NERO]

着用:サイズ40

 

  model:165cm、54kg

 

 

 

 

- note -

昨日辺り姫路でも雪がちらついたりと今季で最も寒い気温だったように思えます。

暖冬とは言いますが、急に気温が下がるとムートンといったヘヴィアウターが恋しくなりますね。

先日までは春に向けたスタイルを中心に提案していましたが、

今回は(おそらく最後かも?しれない)また戻って真冬のスタイル提案です。

 

  

  

ムートンはその存在感からあれこれ組み合わせを考えるよりは

シンプルにまとめた方が格好よく見えると思っています。

 

その方がムートンというアイテムの高級感、存在感が際立ち

スタイル全体のバランスも美しくなると考えています。

 

 保温性もトップクラスで、今のような真冬時にはインナーは

タンクトップとカットソーだけで十分に事足ります。

 

また、ムートンに使われているシープ(羊革)が非常にしなやか且つ、軽い素材になっており、

着用によるストレスはほぼありません。

タイトフィットの為、体に吸い付くような感覚を覚えますが、

腕の可動などは快適に動かすことができます。

 

日中であれば、こうしてフロントは開けっ放しにしても、十分に温かいです。

ポイントとしてボーダーカットソーを選びました。

 

パンツもストライプで「柄+柄」ですが、僕はあまり気にせず、

全体でバランスが良ければOKとしています。

 

パンツは個人買いしたものですが、すごく気に入っていて2日に1回は穿いています。

シルエットの良さはもちろん、ストレッチの効いたウールが快適で、つい穿いてしまう1本であります。

 

ブーツも前回と同じくレースアップブーツを使用。

最近"サイズ40"のみが再入荷したのですが、これが自分サイズなので、

ちょっと「いいなぁ・・・」と思って狙っています。(笑)

 

 

 美しい革の佇まいも素晴らしいですが、シンプル且つシャープなシルエットは

スタイルに左右されずオールマイティに使えるのも魅力です。

  

ムートンに話を戻しますが、実は僕も密かに持っており、

その着用感や温かさ諸々は身を持って体験しました。(笑)

 

僕も初めて手にしたムートンなわけですが、

コレに慣れてしまうと他のアウターは着れなくなってしまうという中毒性があります。

 

今回紹介したフーディタイプとディテールは異なりますが、

機能性は全く同じであり、今の時期には大変重宝しています。(暖冬なので出番は少ないですが・・・汗)

ただ、こうしたアイテムはレザーライダースなどと同じで流行り廃りが無いと思いますので、

1着は持っておいて良かったと思いました。

 

 

 

 

着用ベスト

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9131 / "Beginning" /

コードストレッチロングフードベスト

 [DUST KHAKI]

 

ムートンは基本シンプルにまとめた方がいいと思いますが、

このサーカスのベストは薄い生地で構成されているので、

着膨れもせずキレイにまとまり、 マンネリ化の脱却と

ちょうど良い無骨感をプラスしてくれるのでおすすめです。

 

 ムートンブルゾンは現在"XS"が1点だけ残っております。

"サーカス"で言う所の"0~1サイズ"を着用されている方に着て頂けるかと思います。

もし、気になられましたらお気軽にお声がけ下さい。