重厚感漂うモードスタイルは素材で軽さを演出 (No.33)

重厚感漂うモードスタイルは素材で軽さを演出 (No.33)

販売価格はお問い合わせください。

この商品にはポイントはつきません。

商品詳細

STYLE NO.33

 

 

[outer]

 

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8392 /Unaccounted / 

ディストーションネック ライディングブルゾン

DUST STEEL

 

着用:サイズ0

 

 

 

 

[inner] 

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 9344 / " Metaphysical lies " /

テトロンレーヨン・ウォーミースパンデックス ライトウェイト ロングスリーブ

 [DUST GRAY]

 

 着用:サイズ1

 

 

 

[bottoms]

 

 

 

 

 [boots]

 

 

 

 

- note -

 

 今回はEDENが得意とする無骨且つモードなスタイルに。

ややルーズなボトムスにトップスをタイトにすることでバランスを取りました。

アウターは"サーカス"のアーカイブコレクションからピックアップしています。

保温性の高いものではありませんが、これから5月辺りまで着用できる点と

今回の"インカネーション"のパンツとも相性がいいと思います。

 

中綿などが入ったヘビーアウターだと着用できる期間がもう限られてしまいますが、

 この中肉辺りの素材感ですと長くお使い頂けますので、オススメです。

イメージ的に"Gジャン"を羽織るイメージが分かりやすいでしょうか。

 

インナーにはより春らしくみせるために先日入荷した"9344 / ロングスリーブ (DUST GRAY)"を選びました。

 

 

パンツは通常XS〜Sサイズが僕にとってちょうどいいサイズとなりますが、

在庫の都合上Mサイズを着用しています。

しかし、思いの他ちょうどいいルーズな雰囲気が出ているので、

「これはこれでアリだな」と自負しています。

 

 

(画像:恵比寿店より)

本来ジャストサイズで着用されますと、恵比寿店の画像のようなスリムシルエットに。

 

重厚感のあるスタイルですが、各アイテムは素材的に

軽いものを中心に構成していますので、

春先のスタイルとして提案したいと思います。