Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8145 / Deep Clear / R/C モノトーンドビー柄シャツ [BLACK]

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8145 / Deep Clear / R/C モノトーンドビー柄シャツ [BLACK]

Price: 22,000yen(税込)

商品詳細

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

8145 

Old Name 「 Deep Clear 」

R/C モノトーンドビー柄シャツ

Price // 22,000 yen ( 20,000 )

 

Material // レーヨン - 51%、コットン - 49%

Finish // ONE WASH FINISH

 

Color // Size 

 BLACK //  0 , 1 , 2 , 3 , 

 

SIZE SPEC // ( cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

SIZE:0 着丈 65 肩幅 40 身幅 44 袖丈 64

SIZE:1 着丈 67 肩幅 41 身幅 46 袖丈 65.5

SIZE:2 着丈 69 肩幅 42 身幅 48 袖丈 67

SIZE:3 着丈 70 肩幅 43 身幅 50 袖丈 67

 

Attention Point.

 

・衿縁樹脂ワイヤー仕立て

・レーヨンコットン混紡素材

 

・スモーカーポケット付き


 

 

 

Note /

 

- R/C Monotone Pattern Shirts -

「 R/C モノトーンドビー柄シャツ 」

 

同色の中に織柄で構築された総柄が素敵な素材で、レーヨンとコットンの混紡糸によって生み出される独特の落ち感が春~夏にかけてのライトアウターの要素として最適だと思いました。 素材の良さを全面に打ち出す為にはストイックでべーシックなMelodyシルエットのシャツに落とし込むのが1番良い。 春夏には必須のスモーキーポケットを左胸に配しており、携帯電話や煙草を入れるスぺースとして活躍出来る。

さらっとした落ち感のあるレーヨンならではの素材感とコシの残るコットンの混紡糸で真夏でも着用が可能な長袖のシャツに仕上げた。ドビーの織柄は僅かな透け感を持ちそれが清涼感へとも繋がっている。薄手な素材感はタンクトップやTシャツなどの軽いアイテムの上の羽織ることで強烈なまでに妖艶で色気のあるスタイリングに変貌を遂げる。

 

シンプルが故に突き詰めた先にはこれ以上はないという出来栄えになる。そういったモノ作りの真骨頂とも言えるアイテムである。 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最強のインナーであり、最強のアウター」

 

レーヨンコットンの混紡素材を用いた規則正しい幾何学模様のドビー織り生地で作られたシャツ。
表面には艶やかな光沢とレーヨン特有のさらっとした落ち感、コシの残るコットンの混紡糸の為、真夏で着用いただけるロングスリーブのシャツに仕上がっています。

ドビー織柄はわずかな透け感を持ち、それこそが清涼感につながるデザインとなる。

 

シルエットはブランドが最強のタイトシルエットと断言するMelodyシルエットベースで構築されている。
素材感を生かしたデザインをシルエットに落とし込むことで生まれる退廃的かつ妖艶で無骨なイメージを得意とするThee OLD CIRCUSらしい柄シャツに仕上がっている。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツにとって「衿」とはまさに「顔」を意味する。

 

MELODYを始めとする Thee OLD CIRCUS 特有のエッジの効いた衿に樹脂のワイヤーを仕込むことで自在にシャツの顔を表現することが出来る。衿立ちにこだわるのは作り手本人がシャツの衿を立てて着ることを好むからだ。

チープな衿の作りではその衿立ちは味わうことが出来ない。立体的かつ深く計算された構築によって前フリ(湾曲して前にカーブする意)を強くさせて立体的に首に沿う衿の作りとして完成される。また強い風に煽られてもその衿の形状を保ち、さらに自分の意に沿って衿の形状を可変させられるよう、衿の縁には樹脂のワイヤーは挟まれている。

MELODYを始めとする Thee OLD CIRCUS 特有のエッジの効いた衿に樹脂のワイヤーを仕込むことで自在にシャツの顔を表現することが出来る。衿立ちにこだわるのは作り手本人がシャツの衿を立てて着ることを好むからだ。

ただの衿、されどそれは顔を意味するのだ。

 

 

 

▼後ほど一部追記させて頂きます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンはシャツのカラーリングに合わせて今回は同系色のボタンを採用。
メンズシャツのボタンには無骨さと重厚感といったものがブランド必要だと思っている。
その為このボタンには厚みを持たせて重厚感を演出しシャツ全体を無骨な表情に彩る。

 

 

 

 

 

 

胸ポケットに配置されるポケット(スモーカーポケっとと名付けている)はデザイナー本人が煙草吸いの為取り付けたディティールとなる。
広く深く仕舞い込むことが出来るので煙草以外に、スマートフォンなどもこの胸ポケットに収納できる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材特有の艶ややな光沢は光に当たるとしっとりと反射し、ドビー織柄の規則正しい文様を浮かび上がらせる。
 

どこを切り取っても絵になる出来栄え。

 

美しいタイトなフォルムとドビー柄の融合がThee OLD CIRCUSの世界観を強くし、普通ではありえない妖艶な雰囲気のシャツとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / JOHN / 170cm_65kg /Size_2 )

 

 

素材とシルエットの美しい融合は深い闇の中から新たな出会いを果たした。

真夏でも長袖を身に付けていたい自分たちが追い求めようやく探し出したモノ。

 

モノトーンに見える世界の中落ちていく。

 

 

 

>>>   Thee OLD CIRCUS / 1973(シーズンコレクションライン)2018 Spring & Summer スタイリング一覧画像はこちらのリンクよりご覧頂けます 

 

>>> レーヨン×コットン素材の織柄が素敵なシャツ