Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8173 / Black Sand Pool / コットンリネン背面ステッチ変形BELLシルエットパンツ [BROWN]

Thee OLD CIRCUS '' 1973 '' / 8173 / Black Sand Pool / コットンリネン背面ステッチ変形BELLシルエットパンツ [BROWN]

Price: 34,100yen(税込)

size/::
数量:

商品詳細

 

 

THEE OLD CIRCUS - 1973 -

 

 

 

8173 Old Name 「 Black Sand Pool 」

 

コットンリネン背面ステッチ変形BELLシルエットパンツ

 

 

Price // 33,480 yen ( 31,000 )

 

C - 80, L - 20



Finish // ONE WASH FINISH

Color // Size 

 

BROWN //  0 , 1 , 2  , 3 , 

 

 

 

NOTE //

 

 

 

- Back Stitched Modification PT -

 

 

「 コットンリネン背面ステッチ変形BELLシルエットパンツ 」

 

 

 

縫目の背面に隠し打ちのようにステッチを縫い合わせ、表面には縫製後の生地の合わさりの隙間から僅かに覗くステッチワークをアイコンアクセントとして取り入れました。同じ箇所を2度縫う必要のある面倒な職人仕事ではありますが、このステッチワーク自体を一つのデザインとして捉える。(フロント切替部、スパイラルレングス部分)

ワイドシルエットのBELL型のシルエットを変形させて立体的に構築し直したパンツで、隠し打ちされたステッチが上部から斜めに走るラインでさり気ない「普通とは違う」パンツのディテールを生み出し、それ自体を一つのデザインとして見ることが出来る。
春から夏向けのワイドパンツは絶対的に必須なアイテム。


このパンツのディティールには大きな見所があり、一気に脚そのものを意図的に立体として(ルパン的なガニ股を演出的に作り出すことで脚を長く魅せる)収めることである種の対外的へ向けた「嘘」を見栄えとして作り出す。膝に生地の溜まりを作り出す立体タック(左右上下に3本配置 )を入れることで実際的に広い運動可動域を確保することと 、適度なパンツボリュームを生み出す。
さらに、その外脇にハギ目を作らずフロントのベルトループ脇からぐるりと背面まで縦にダーツの切り返しを作ることで立体的な構築を作り出します。

それはヒップを極端に絞ったワイドなBELL型と立体的に脚そのものを美しく魅せるROT-9シルエットの特徴を見事に融合させたデザインワークとなる。

コットンとリネン混紡のザラつきを持ち生地の表情に凹凸のあるオックスはこの季節にはピッタリ。無骨な印象の顔を持ちながらも実際の着用においては通気性も良く即乾性も持つ。

 

 

 

 

 

 

SIZE SPEC // ( cm ) ※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます

 

 

 

SIZE : 0  W 75 ワタリ 32 膝巾 20.5 裾巾 21 股下 83



SIZE : 1  W 79 ワタリ 33 膝巾 21.5 裾巾 22 股下 85

 

SIZE : 2  W 82 ワタリ 34 膝巾 22.5 裾巾 23 股下 87

 

SIZE : 3  W 85.5 ワタリ 35 膝巾 23 裾巾 24 股下 89

 

 

 

 

 

Attention Point.

 

 

・背面隠し打ちステッチ

・コットンリネン混紡糸

・特殊立体構築

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

コットンとリネンの掛け合わせが持つ適度にヤレた匂い感と仕上げで水洗いを掛けて丸洗いすることでその匂いはさらに強くなる。いい意味での「いい加減さ」ということに意味がある。

 

ざらついた手触りで凹凸する表情を持つコットンリネン混紡オックス素材は、春から夏さらには湿気の多い時期に置いて適度な厚みを持ち快適な着用を促す。
イージーな穿き心地を持ちながらもヒップ部分をタイトに絞ることでワイドシルエットに多く見られがちな「だらしなさ」を払拭し、ストイックで使い勝手の良いフォルムのパンツとなった。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

今回特筆すべきはこの表に「短い線」のように見えるステッチ。

 

背面から隠し打ちの作りとして特殊ミシンでジグザグのステッチを糸の運針を甘くして振ることで、それが全面(表側)に浮き出るように見え隠れするまさに「魅せるステッチワーク」となる。

 

運針を甘くした状態ではもちろん生地と生地の縫製は成り立たない。

だからこの仕上げは「全てを縫い上げた後」にもう一度わざとこのステッチの為だけに縫い合わせる。

 

職人の手間と腕とが生み出すちょっとしたアクセント。

この「ちょっとした」が大きな意味を持つのである。

 

 

本来はパンツは内側と外側にハギと呼ぶ縫い目(表の生地部分と裏の生地を本来は分けて作る為)が入るのが通常の作り方だが、このパンツはその外脇にハギ目を作らずフロントのベルトループ脇からぐるりと背面まで縦にダーツの切り返しを作ることで立体的な構築を作り出し、着用時の体の動きに合わせてこのスパイラル状に縫製されたステッチが僅かに見え、ものの完成度がグッと高まる。

 

 

 

 

 

 

 

大きくて重厚なファスナーはメンズならでは。パンツとしての存在感を引き立てせる上で非常に重要なキーパーツとなっているしそれが全体の朽ちた無骨な匂いをより際立たせる。 

 

フロントファスナーは裏当てのある仕立てとなるので、肌に直接引き手が当たらないような設計になっている。

またファスナーの脇には補強用のタコ紐を配置することで洗い込んだ際にぶっくりとしたアタリも生まれ、デザインとしての要素と実際的なデザインの両立をはかる。

ベルトループの端もわざと断ち切りにすることで朽ちた匂いを演出する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( Fitting Model / JOHN / 170cm_65kg /Size_1 )

 

 

ワイドシルエットに何を求めるか?

ただ単純に太くするだけはなく、中太のシルエットの中に脚全体のラインを美しく演出しワイルドかつスマートに魅せたかった。

特殊染料から生み出される退廃的で朽ちた匂い、そしてシルエットの美しさはブランドの根底に通づる。

 

春から夏はこれくらいのラフさ加減がちょうど良い。

 

 

 

 

 

 

 

>>>   Thee OLD CIRCUS / 1973(シーズンコレクションライン)2018 Spring & Summer スタイリング一覧画像はこちらのリンクよりご覧頂けます 

 

 

 >>> 立体構築で作られたコートとパンツ、サイズを変えることで生まれるスタイリングの変化( ジョンブロ_2018_3/25  )

 

 

 

   


 

 

 

 

お電話でのお問い合わせは Garage EDEN / 03-6277-2947

 

メールでのお問い合わせはこちらへ >>>  CONTACT PAGE ( info@circus-hp.com )

 

>>>  Thee Old Circus OFFICIAL WEB SITE はこちらへどうぞ