Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9101 / "Rust Journey" / ディストーションネック フロントジップ フィッシュテール ラストレザーコート [RUST BLACK]

Thee OLD CIRCUS - 9 - / 9-9101 / "Rust Journey" / ディストーションネック フロントジップ フィッシュテール ラストレザーコート [RUST BLACK]

Price: 198,000yen(税込)

SIZE/::
数量:

商品詳細

THEE OLD CIRCUS - 9 -

 9-9101 

Old Name 「 Rust Journey / 錆びた旅 」

ディストーションネック フロントジップ フィッシュテール ラストレザーコート

 Price // 198,000yen  (180,000)

 

Material // (outside) Rust Leather / カウレザー  - 100% 

       (insaide) コットン - 90% , ポリウレタン-10%

 

Finish // SPRAY WASH FINISH

 

Color / Size 

RUST BLACK /  0 , 1 , 2 , 3 ,

 

SIZE SPEC (cm )

※ 採寸方法や加工具合により多少の誤差が生じます 

SIZE:0 着丈 102 肩幅 40 身幅 47 袖丈 64 

SIZE:1 着丈 104 肩幅 41 身幅 49 袖丈 65.5

SIZE:2 着丈 106 肩幅 42 身幅 51 袖丈 67

SIZE:3 着丈 107 肩幅 43 身幅 53 袖丈 67

 

Attention Point.

・ラストレザー素材

・スプレーウォッシュ仕上げ

・ディストーションネック構造

・スパイラル(螺旋)立体アーム、フィッシュテイルデザイン

 


 

 Rust Leather

国産の牛地生原皮を鞣して作られたフルタンニンレザー。

種の違うタンニンを掛け合わせたハイブリッドタンニングにより作られたマテリアルになり、ハリとコシのある質感は着始めた瞬間から各可動箇所に皺が刻まれ、自分だけの一着として育てる楽しみを感じることができます。

 


 

 Buyer's note //

「羽織るだけでスタイルが完成される」

レザー特有の重厚感、コートというアイテムが持つモードとストイックさを感じさせながらも、その着用感は非常に軽い仕上がりを見せたレザーコート。

革の厚みが0.8mmという薄さに仕上げられ、着用においてもストレスを感じず動きやすくなっています。

シルエットも美しく着用と同時に、いつものスタイルをさらに美しく見せてくれるので、羽織るだけで一つの雰囲気あるスタイルを作り込んでしまうのも魅力的です。

また、軽い仕上がりからシャツコート的な羽織りものとしても使える一面もあります。

「レザーコート」という存在は、「着こなすのが難しい」、「似合わない」と思い込んでしまい、なかなか手を出しにくいと思われがちなアイテムではありますが、このコートに関してはそういった不安要素を取り払い、レザーコート、またはロング丈が初めての方にもトライしやすいアイテムではないかと考えています。

 

 

 

 

 

▲シンプルな外観となっており、男らしくシャープな雰囲気を放つディストーション(歪み)ネックと呼ばれるハイネックデザインと、縦一直線に伸びた白銀に輝くフロントジップがポイントとして印象に残ります。

 

 

 

▲このディストーションネックは立体構築のネックラインに仕上げられており、着用時に自然な着用感を得られるように設計されています。

中にはワイヤーが仕込まれており、襟が綺麗に立つことと、ファスナーを開けた際の襟の形も自由にアレンジすることができます。

仮にワイヤーがなければ、レザーの重さで襟がペタんと寝てしまうので、有るのと無いとではその差は大きい。

 

▲引き手のレザーコードはサーカスの-"9"ナイン-シリーズを象徴するアイコンに。

 

▲フロントファスナーはダブルジップ仕立てになっており、その時の気分にあわせてシルエットの調整が可能です。

ファスナーにはYKK社の最高級ジップ"EXCELLA"を使用。

その白銀に輝く光沢は高級感を感じてもらえます。

 

 

 

▲アーム部分にはスパイラルアームデザインというやや前振りになったフォルムが、実際に腕を通した際に可動において快適な着用感を与えてくれるデザインになっています。

また、ジャケットを脱いだ際に残るシワを見て頂くと、そのアームが緩やかにカーブした姿を確認することができるので、その姿もまた革好きにとっては悩ましく感じます。

 

▲アーム袖先部分にもフロントファスナーと同様にYKK社の"EXCELLA"を使用。

 

 ▲両サイドにはポケットが付いており、ちょうど手を入れやすい位置にあるので使い勝手が良いです。

 

 ▲背中にはThee OLD CIRCUSのアイコンであるバッククロスダーツを配置し、静かに主張する男の背中を演出しています。

 

▲M51モッズコートを思わせるフィッシュテールデザイン。

風によって揺れるさまもまたカッコいいディテールの一つに。

 

"RUST LEATHER"

使用されているのは兵庫県たつの市にてオリジナルで仕込まれたベジタブルタンニン鞣しのステアレザーを使用。

(生後2年経過した雄牛)

そして、仕上げ段階でオリジナルの特殊オイルでシワ加工を施すことにより完成されます。

 最初のハリのある質感から、使い込むごとに柔くなり艶も増していき、その変化に驚かずにいられないと思います。

 着やすさを考慮し、レザーの厚みを0.8mmと薄手に仕上げられている為、着用によるストレスを感じにくいのもありがたいところ。

  

 

 

▲着始めは若干硬さがありますが、2,3回着用して頂ければすぐに体に馴染みますので、慣らすのに時間がかかることはありません。

また、レザーの風合いとして半光沢気味な表情も使用を重ねるごとに艶が増し、さらに奥行き深い表情に変わっていきます。

 

▲model:165cm、54kg / サイズ2を着用

僕のジャストサイズですとサイズ0~1に当たりますが、今回はサイズ2を着用して進めています。

雰囲気は抜群によくこのコートでしか表現できないスタイリングになっています。

また着用して驚かされるのはコートの軽さ。厚さ0.8mmというかなり薄めの革で構築されていますので、とても軽く着用のストレスを感じにくい仕上がりになっています。

コートというよりは、ロングシャツを着ているような感覚に近いかもしれません。

 

 

 

 

 

▲フロントを開けた状態と閉めた状態ではその姿シルエットも大きく異なり、気分に合わせて楽しんでもらいたいです。

 4月〜5月にかけてはレザーは着たくても分厚いものは・・・と考えてしまいますが、外観の重厚感は残しつつも着用における軽さを持ち合わせたこの1着であれば気軽に扱え、急な温度変化による防寒的な役割も果たしてくれます。

このロングコートに限らず、ロング丈のアイテム全てにおいて言えることは、羽織ることにより縦長のIラインが強調されてスタイルを綺麗に見せる効果があります。

そういった意味においても是非トライして頂き"自分のもの"(スタイル)にしてもらいたい1着です。